ギルティ ネタバレ

 

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?」第1話から最終回までの『ネタバレや感想、あらすじや視聴率』を全て紹介していきます!

 

新川優愛が主演のドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】が4月2日(木曜日)日本テレビ系列で深夜11時59分からスタートしました。時間帯からして間違いなく「大人の恋」をテーマにした深夜ドラマだと確信してたのでネタバレもどこまで書けるかな?と思っていたのですが・・・1話を見てる限りでは、まだまだ余裕のある展開かもしれませんね。

 

新婚の新川優愛が主演なので、ある程度のセーブはあると思ってましたが、いざ放送が始まってみるとキスから始まり・・・むしろ女優としてよくやっているな!覚悟があるな!って感じるドラマになってって面白いですよ♪深夜帯のドラマにしては・・・かなり面白いので、今春4月からのドラマの中では穴場の存在になると思いますので、是非見て下さい!

 

【ギルティ】を見逃してしまった方へ・・・

*ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?~】を見逃した方はHuluで配信中です♪

*最新の配信情報や視聴期限、料金価格等は公式サイトをご確認ください。


ドラマ【ギルティ】1話の『ネタバレ/あらすじ/感想/視聴率』

ドラマ【ギルティ】1話の視聴率

ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】の視聴率は『3.4%』でした!(ビデオリサーチ調べ/関東)

 

深夜帯の番組なので仕方ないですが・・・4%は超えて欲しかったですし、このドラマならゴールデンでもかなり面白く話題になる作品です(涙)

ドラマ【ギルティ】1話のあらすじ

主人公の爽(新川優愛)は出版編集者で働いており、周囲からも信頼される女性。仕事の関係で広告代理店で働く真一(小池徹平)とけ婚して6年になる。とても仲が良くてラブラブで、順風満帆な結婚生活を送っているように見えるのだが、爽には不安があった。それは夫の真一が子供を作りたがらない事だ。爽は子供が欲しいが、真一が欲しがらないので悩んでいた。

そんな時、爽は仕事の関係で寄ったお店で、高校時代の恋人「秋山」と偶然再会する。秋山もすでに結婚しており、お互い昔のような感情は無いと思うのだが、心のどこかでもどかしい何かが動きだしそうな予感である。。。

真一は妻の爽に隠している事が番組の最後で明らかになるのだが、それは・・・

 

ドラマ【ギルティ】1話のネタバレ

キスから始まる過去の思い出


オープニングから爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)が高校時代を匂わせる設定で2人でベンチに座っている。

爽「私のこと好き?」
それを聞いた秋山は突然、爽に優しくキスをする。

秋山「聞こえた?」
爽「・・・うん」

そこでいきなり目覚める爽。高校時代の淡い恋愛の思い出を、久しぶりに夢で見てしまい驚いてしまうが、夫である一真(小池徹平)に朝食が出来たよと言われ、起きていく。出勤時間が危ういほど寝てしまっていたらしい。爽と一真は結婚しているラブラブ夫婦のである。

 

子供を作りたがらない一真(小池徹平)


女性誌編集者として会社で働く爽だが仕事は順調そのもの。

結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)ととても幸せな夫婦生活を送っていたので、悩みは何もない感じなのだが、実は爽はある悩みを抱えていた。

それは「夫である一真が子供を作りたがらない事」だったのだ。幸せな家庭を夢見る爽にとってやはり自分の子供は欲しく、夫の協力が必要なのだが、一真の様子を見てるとはっきりと言えない自分がいた。

爽は会社の同僚や主人にも秘密にしておきたい自分だけの行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)に子供が欲しい事を相談にのってもらった。

瑠衣「はっときりと夫に話したほうがいい!」
瑠衣「ここにつれてきなよ!」

爽「ここは(バー)会社の同僚や夫とか、誰にも教えたくない!私だけの場所!」
爽「でも、はっきりと自分の気持ちを伝える・・・。」

そういって、自宅に帰る爽。

自宅に帰った爽は一真に「子供が欲しい」と伝える。
だが、一真ははっきりと「子供は欲しくない」拒否してしまったのだ。

爽はショックを受け家を飛び出て、瑠衣を呼び出し家での出来事を全て伝えた。瑠衣は優しく爽を抱きしめ、慰めてくれるのだが、そこに電話が鳴る。瑠衣への電話だが、出ない瑠衣の姿が怪しく感じるものの「またね」と言って二人は別れた。

爽は「気持ちはわかった」と無理に自分の気持ちを押し殺して一真にメールを入れて涙する。

 

偶然に出会ってしまう昔の彼氏


翌日、爽は編集長に呼ばれて担当を任された仕事のテーマが「忘れられない恋愛特集」というもので、夢に見た秋山(町田啓太)の事をまたも思い出してしまう。しかし、あくまでも仕事のテーマなのですぐに忘れて作業に取り組む。

仕事の一環で当初借りるはずだった撮影場所のレストランがダブルブッキングで当日に使えなくなってしまい困ってしまったが、編集部でアルバイトとして働く大学生・寺嶋(神尾楓珠)が知っているというレストランが予約できたので場所を貸してもらうことに。

爽はそのレストランの前に立つと、何かを思い出した。そう、その店はオーナー・秋山(町田啓太)のお店で、爽は秋山と偶然再会してしまった。秋山は、爽が高校時代に付き合っていたのだが、「初恋」のあいてだったのだ。

出会うなり秋山が爽に「お前、老けたな」と強烈な一言(笑)。秋山の薬指には結婚指輪がしてあり、爽も苗字が変わっていることからお互い結婚してる事にすぐに気が付いた。

・・・高校時代のシーン・・・

保健室で寝ている爽を迎えにきた秋山。
爽「秋山、私のこと好き?」
秋山「聞こえねぇよ」

二人のじゃれあうシーンが少しだけ回想される。

秋山のお店で無事に撮影が終了するが、モデルさんは少し前に食事をしていたらしく撮影の残り物を爽が食べる事に。
しかし、会社の同僚に爽も少し前にものを食べてた事を秋山の前でばらされると、秋山は気を使って食べてくれてた爽に「変わらないな」と優しく笑う。

 

爽と秋山の昔の思い出


高校時代の爽は両親の喧嘩に悩んでいた。あまりの両親の喧嘩に耐え切れなく家を飛び出ると、玄関の外で秋山が「よう!」としゃがんで待っていてくれた。秋山はいつも両親が喧嘩している爽の事が心配で、よく来ていたらしい。

そんあ秋山に爽は「私の事好き?」と聞く。
秋山の答えは「キス」であった。

爽の行きつけのBARが「チートン」という名前がここでわかる。
このチートンで秋山と再会した話で盛り上がり「ときめいた?」と聞かれるが、「ときめきはなかった」と・・・それが本音かどうかはわからないが、そう答えるのだった。

 

同期の編集部員・優希(大西礼芳)の不倫


同期の編集部員である優希(大西礼芳)が焼き肉に行くというので爽も珍しく付き合う。お互い焼き肉を食べながら話していると、優希が会社の誰かと不倫している事に気が付く爽。優希はそれでも「幸せだ」と言葉少なに話すが、爽に拒否られてる自分に気づき途中で帰ってしまう。

爽が翌日会社に行くとデスクの周りがやけに騒がしい・・・何事かと思って寺嶋睦月に聞くと、優希が男性とキスしている写真がメールで編集部のみんなのパソコンに届いていた。しかもその男性は「編集局長」だったのだ。

爽が会社の廊下を歩いてると向こうから怒り狂った優希がやってきて、いきなり爽の顔を平手打ちする!爽は何もやっていない、誰にもばらしてない事を優希に告げるが、全く信じてもらえない。優希は会社を辞める事になったと言い、その場を立ち去ってしまう。

 

一真(小池徹平)の不倫相手が実は・・・


自宅に帰った爽は、一真に優希との事を全て話した。一真は爽を信じてるし、そんな爽が大好きだと言って二人は激しく抱きしめあう。

横で寝ている爽を後目に、一真は誰かにラインで「したよ。たまには夫の務めも果たさないとね」と返事を返す。

少し元気になった爽は、瑠衣にバーで飲もうと連絡するが断られる。
そこに知らない番号から爽に電話がかかってくる・・・

瑠衣は自分の部屋でエロい格好で彼氏を待っていた。
チャイムが鳴ってドアを開けると、そこに立っていたのは・・・一真だった!!

瑠衣「いらっしゃい、ニートちゃん」
一真「ニートじゃねーよ」

激しいキスをして絡み合う一真と瑠衣。

その頃、爽は、秋山の店を訪れていた。
じっと見つめあう二人だが・・・。

ドラマ【ギルティ】1話の感想

新婚ホヤホヤの新川優愛が町田啓太や小池徹平と何度もキスするシーンを見て、この作品にかける思いが凄いな~と感じるドラマでした!運転手のリアル旦那さん・・・ネタバレやあらすじは見ない方がいいですよ(笑)

深夜帯の恋愛系ドラマですから、ドロドロの不倫やWブッキング、浮気の類は当然かな?と思うのですが、まさか一真が爽の親友である瑠衣と不倫してるなんて・・・感想もドロドロになりそうですw

ドラマを見てわからなかったのが、一真に瑠衣が「ニートちゃん!」って言ってた意味です。・・・一真って広告代理店勤務で勤務してるはずなんだけど、もしかしたら無職?辞めた?なんて想像しちゃいますし、今後の展開ではっきりするのでしょうか?

これは間違いなく爽と秋山もまた恋に落ちちゃいそうな予感ですね。ってか、一真が子供作りたくない理由は瑠衣の方が好きだから?面倒くさいから?なら、爽と秋山がくっつけばいいのに!と思いましたが、秋山も結婚して妻がいるんだった。。。

秋山の奥さんも後々、登場してきそうで怖いですね~。

ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】第1話のネタバレで、こんなにドロドロな愛情劇の感想を書くとは思ってもいなかったので、視聴率も深夜帯にしては良かったんじゃないでしょうか?ツイッターでも盛り上がっていましたし、何と言っても清純派の新川優愛ちゃんがここまで頑張るのは何か新しいイメージを与えてくれそうです。


ドラマ【ギルティ】2話の『ネタバレ/あらすじ/感想/視聴率』

ドラマ【ギルティ】2話の視聴率

ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】2話の視聴率はわかり次第、公開していきますね!

 

ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】第2話の視聴率は「4.4%」でした!第1話より1パーセントも上昇して嬉しいですし、深夜帯で4%なら上出来じゃないでしょうか!ますます面白くなってきましたね。

 

ドラマ【ギルティ】2話のあらすじ

ドラマ【ギルティ~この恋は罪ですか?】2話のあらすじ

爽(新川優愛)は、置き忘れたストールを取りに行くため、再び秋山(町田啓太)の店を訪れた。秋山の作ったピザを食べながら、当時のように楽しく語り合う爽と秋山。そこに、秋山の妻・美和子(徳永えり)が現れる。
その頃、一真(小池徹平)は、瑠衣(中村ゆりか)の部屋にいた。瑠衣は「奥さんどんな人?」と何食わぬ顔で一真に尋ねる。

爽が帰宅すると、一真が待っていた。お互いに言えないことを抱えながら、ワインとチーズで乾杯する爽と一真。一真が眠った後、爽は、ふとした拍子で自分のバッグの中身をこぼしてしまう。すると、小さな機械がバッグに入っていたことに気付く。それは、GPSだった。爽は、一真がGPSを仕掛けたのではないかと疑惑を抱く――。
爽は仕事の合間に、一真をランチに誘うメッセージを送る。一真は、仕事の都合で行けないと返信してくる。爽が一真の会社に電話を入れると、一真は不在で午後からの出社と聞かされる。一真は、確実に嘘をついていた。爽の疑惑はさらに深まる。

その晩、一真が有名店のケーキを買って帰ってくる。この日は爽と一真が出会った日で、2人は“出会った記念日”として毎年祝っていた。しかし爽は、そんな気分になれず「私に何か隠してることない?」とGPSのことを一真に問いただす。一真は、何も知らないと否定。爽と一真は、激しい言い争いになってしまう。
一真は別の部屋に閉じこもり、取り残される爽。そんな中、爽のもとに瑠衣から誘いの電話が来る。爽は、一真が買ってきたケーキを持って瑠衣の部屋を訪ねる。爽は、GPSをめぐって一真とケンカしてしまったことを瑠衣に話す。瑠衣は「元気出してください」と爽を抱きしめる。その時、爽は、どこかで嗅いだことのある匂いを感じるが…。
引用:日本テレビ

ドラマ【ギルティ】2話のネタバレ

一真(小池徹平)が爽にGPSを仕掛ける!?


爽(新川優愛)は忘れ物を取りに秋山(町田啓太)の店に行く。そこで秋山の妻の美和子(徳永えり)と初めて会い、なぜかちょっとモヤモヤする。

その頃、一真(小池徹平)は瑠衣(中村ゆりか)と浮気をして帰ってきた。おいしいワインのお土産を買ってきてくれて、夫婦で仲良く時を過ごす。

一真が寝た後、爽は自分のバックの中にGPSが仕掛けられていることに気づく。そういえば一真は「チートン」と言う爽の行きつけのバーの名前を知っていた。店の名前は一度も言ったことがないのに…。GPSを仕掛けたのは一真?と言う疑念が爽の中に生まれる。

 

爽(新川優愛)と一真(小池徹平)が大喧嘩


爽は友人の若菜(筧美和子)に相談。普通に考えれば、一真が爽の浮気を疑って仕込んだ。そうでなければ、一真が浮気をしているから、爽の居場所を確認する必要があったのでは?と若菜は鋭い意見。

 

翌日、爽は仕事中に一真をランチに誘うが、仕事と断らる。しかし、会社に電話をすると「午後からの出社になっている」と一真の嘘が発覚。夜、爽はGPSのことを問いただすが、一真はしらばっくれ、大喧嘩になってしまう。

 

GPSを仕込んでいたのは瑠衣だった!


実は、GPSを仕込んでいたのは瑠衣だった。2人の喧嘩を聞いていて、瑠衣は爽を自分の家に誘った。そんなこととは知らない爽は、一真が”出会った記念日”にと買ってきてくれた人気店・デリエのケーキを持って瑠衣の部屋に。

 

瑠衣がトイレに行っている間に、軽い気持ちで爽は棚にあった卒業アルバムを開いてしまう。するとそこには塗りつぶされた人物が1人。爽は慌ててアルバムを本棚に戻す。

 

爽が秋山と別れた理由


母親(戸田菜穂)の見舞いに来た爽。母親は精神を病んでしまっていた。高校の頃、父親が失踪し、それに絶望したのだ。
爽が秋山と付き合っていることを知り、「彼と別れなさい。そうしないとお母さん死ぬから。彼とお母さん、どっちが大事なの?」と爽に迫った。爽は秋山に別れを告げた。秋山「それって家の事関係ある?」本当のことを言えば、秋山はきっと離れて行かなかったはず。しかし爽は「ない」と嘘をついてしまった。

 

(爽のナレーション)
名前なんて呼んでくれない。(秋山はいつも爽を”おまえ”と呼ぶ)
1度も好きだって言ってくれない。
でも灰色だった世界の中で、秋山だけが私の光だった。
でも、私は自分からその光を手放した…。

 

爽の自宅に乗り込む瑠衣(中村ゆりか)


爽が留守をしていることを知っていた瑠衣は、爽と一真の自宅を訪れる。「離婚はしない」と言うのが一真と瑠衣が不倫を始めるときの最初の約束。2人は関係が始まって半年ほど。「離婚はしなくていいよ?でも私を1番に愛して。それを証明して?」と瑠衣は一真に迫る。

 

一真「瑠衣はどうして俺が良かったの?」
瑠衣「欲しかったから。それじゃダメ?」そう言って一真にキスをし、さらに迫る。
一真「ここでする気か?」
さすがに爽といつも一緒に寝ている寝室でする気にはなれない一真。
すると突然瑠衣は服のままシャワーを浴び、びしょ濡れになる。
「思い出さない?初めて会った時のこと」

 

その日は雨で、瑠衣は彼氏に捨てられてびしょ濡れになって地面に倒れていた。そこで一真が瑠衣に傘をさしてやった。瑠衣はすぐに去っていったが、スマホをー落としていったので、それを返すために2人は再会したのだ。瑠衣は一真を浴室に引っ張り込み、服を脱ぎ「私を見て。私だけを見て」と迫る。これには一真も、さすがに応じてしまうのだった。瑠衣の粘り勝ち!

 

事を終えた瑠衣と一真。瑠衣は「今度はあのベッドで…」と言い、帰っていく。(結局浴室でしたんかい!)ちょうどその時、爽が帰ってくる。エレベーターを上る爽。瑠衣と爽は鉢合わせしてしまうのか…!?しかし間一髪、2人は鉢合わせするはなかった。

 

爽と一真が仲直り


喧嘩後、ちゃんと向き合った一真と爽。会社にいなかったのに嘘をついた理由を聞くと、本当に仕事が理由だった、仕事のトラブルのことは基本話したくなかったと一真は釈明。こうして2人は無事仲直りをした。

 

「お風呂入ってきたの?」
爽のふいな質問にも「うん。ちょっと走ってきたから」とスマートにごまかす一真。

「私も入ってこようかな?」と爽が立ち上がろうとすると、慌てて「俺がお風呂ためてあげるからゆっくり座ってて」と気遣う素振りをする。しかし浴室をチェックして大正解!瑠衣はネックレスを落としていた。(←絶対わざとやろ、これ)

 

瑠衣と一真の不倫を爽が知る!


爽は瑠衣とチートンで飲んでいると、マスターが「俺の誕生日だから、デリエのケーキ一緒に食べない?」とホールケーキを出してきた。それは一真が買ってきてくれたのと同じケーキ。瑠衣と爽は「うげ…」と言う反応する。はてな顔のマスターに、「最近2人でホール食いしたばかりだから」と爽が説明。瑠衣が「旦那さんが出会った記念日に買ってきてくれたらしいんですよ」と補足する。

 

しかし爽はここで重大なことに気づいた。爽はいまだに“出会った記念日“をお祝いしているなんて、恥ずかしくて誰にも言っていなかった。もちろん瑠衣にも。なぜそのことを知っているのか…?それに2人でケーキを食べたあの日、瑠衣が爽を「元気出してくださいね」と抱きしめてきた。その時、なぜかなじみのある感じがした。その理由がわかった。それはいつも自分のそばにいる人と同じ匂いがしたから…。

 

またまた秋山のお店。
部下が急に早退してしまい、急遽また秋山の店にいかなければいけなくなった爽。新メニューの試食を頼まれ、爽は味についてアドバイスする。「昔もよく親父の新メニューを食ってもらってたな。お前の舌を信じるって親父が言ってた。親父が信じるなら俺も信じるよ」と秋山は言う。「そんな簡単に人を信じちゃダメだよ…」と爽がつぶやく。「昔から誰も信じてないもんなお前。何か先回りしてガードしてる感じ。すっげー疲れそう。誰かを信じて裏切られた時に傷つくのが怖いんだろう?怖がってねぇで、自分の思ったとおりにやれよ」ズケズケ言われたのに、爽はすごくすっきりした思いだった。

 

帰り道、チートンのマスターからメールが来る。

「客がいないから食べにきてよー」
爽は少し考え「瑠衣ちゃんは?」と送る。
マスター「今日は彼氏と一緒なんだって」
一真からのメールを確認する。
一真「今日は22時ごろ帰るね」
爽は瑠衣にメールを送る。
爽「今日家に行ってもいい?」
瑠衣「いいですよ。22時とかでもいいですか?」
確実に2人がつながっていることを確信した爽。
「22時に」と約束しながら、21時過ぎに瑠衣のマンションの前に行ってみる。
するとちょうど瑠衣と一真が一緒に出てきて、2人がキスをするのを目撃してしまったのだった…!

 

ドラマ【ギルティ】2話の感想

瑠衣役の女優さんが、本当に振り切って悪女を演じていますね…。この女優さん知らなかったけど、中村ゆりかさん。調べてみたら「きのう、何食べた?」の西島さんが働いてる法律事務所のスタッフ役の子!うーん覚えてない…。でも顔はちょっと大政絢さんに似ている気がするし、これから売れてきそうですよね。主演女優とかになっちゃうと清純派の役しか来なくなるので、今のうちにめちゃくちゃ降りきった悪女を演じて欲しいです!

 

それにしても「奥さんってどんな人?」と奥さんを知らない設定で一真と不倫をしているんですね。知っているところか、多分狙いは本当は爽で、爽の旦那だから一真が選ばれただけですよね。自分が浮気している男って「妻が浮気なんてありえない!」というわけのわからない自信を持っていることが多くて、でもだいたい妻の方も浮気してる。「何で俺が良かったの?」て不倫相手に質問して、自己顕示欲満たしてるけど、本当は女のマウンティングに利用されているだけ。不倫する女の目的は「奥さんに勝った!」と女として自分が優位なんだと認めてもらうことですからね。そうとも知らずに馬鹿な男…。

 

そんな”不倫あるある”が色々な所に張り巡らされていて面白いです!そして1話2話で、爽がかわいそうな家庭環境で育ったこと、その唯一の光が秋山だったこと、そしてまた別の光を手に入れたと思っていたのにそれは本当は真っ暗闇だったと発覚したことで、主人公が” 不倫をしてもいい理由”は準備万端ですね!これなら爽が秋山に走っても、文句をいう視聴者は全くいないでしょう!主人公を清純派のまま、不倫ストーリーを描くテクニックですね!

 

さてさてどん底に落ちてしまった爽が、秋山に救いの手を求めるのか!?でも秋山の奥さんはどうなるのか?次の展開が楽しみです!

 

 

ドラマ【ギルティ】3話の『ネタバレ/あらすじ/感想/視聴率』

ドラマ【ギルティ】3話の視聴率

coming soon・・・

ドラマ【ギルティ】3話のあらすじ

3話 あらすじ

爽(新川優愛)は、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)がキスしているところを目撃してしまった。ショックのあまり仕事も手につかなくなった爽は、会社を早退して若菜(筧美和子)の家を訪ねる。爽が一真の浮気を打ち明けると、若菜は「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す。爽は、秋山(町田啓太)のことを思い出して動揺する。

爽がチートンの前を通りかかると、龍(阿部亮平)に詰め寄られている寺嶋(神尾楓珠)を見かける。龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていた。龍の誤解を解き、爽は寺嶋の話を聞くことに。寺嶋は、爽の様子を心配して見舞いの品をチートンに預けて受け取ってもらうつもりだった。爽は、寺嶋が編集部でアルバイトを始めたきっかけを尋ねる。寺嶋は高校生の頃、失恋して落ち込んでいた時に爽の作った記事を読んで救われ、それをきっかけに編集の仕事に興味を持ったと語る。自分の仕事がしっかりと届いていたと知り、爽の心は晴れるのだった。
一真と向き合おうと爽が一真にメールを送ろうとしたその時、瑠衣から声をかけられる。瑠衣は、何食わぬ顔でいつも通りに接してくる。爽はそんな瑠衣に対して感情を抑えられなくなり――。
引用:日本テレビ

ドラマ【ギルティ】3話のネタバレ

寺嶋(神尾楓珠)が爽に憧れる理由


夫の一真(小池徹平)と親友の瑠衣(中村)の浮気現場を見てしまった爽(新川優愛)。爽は瑠衣(中村ゆりか)に一真の写真を見せたことがあったので、瑠衣は一真が爽の夫だと知った上で手を出したと言うことになります。GPSを爽のバッグに仕掛けることも、「チートン」で一緒に飲んでいた瑠衣ならば簡単なことです。

 

爽はショックで体調が悪くなり会社を早退し、友人の若菜(筧美和子)の家に来ます。すると若菜は「だったらこっちも浮気しちゃえば?」と冗談を言ってきます。

 

帰りに爽が「チートン」に行くと、店の前で寺嶋(神尾楓珠)が爽のストーカーと間違えられ、マスターに追い払われそうになっていました。寺嶋は体調の悪い爽を心配して、いろいろと差し入れを持ってきてくれていたのです。

 

爽が声をかけ一緒に「チートン」に入ります。そこで寺嶋がなぜ爽の会社にアルバイトに入ったのかという話になり、落ち込んでいた時にたまたま爽のコラムを読んで心が救われたことがきっかけだったと知ります。

 

本妻と愛人がバトル!


帰り道、道で瑠衣に会います。

爽は「私、旦那と別れるつもりないから。!」と毅然として言います。

 

すると「そんなんだから浮気されるんですね。何も聞かずに一発目から突っぱねる。爽さんらしい。

いつも自信満々で、綺麗でキャリアウーマンで隙がない。そういうとこ、大嫌い。

自分だって元カレに再会して顔真っ赤にしてたじゃないですか。元カレに欲情してた奥さんと、うちで体使ってた旦那。どう違うんですか?

心の浮気と体の浮気、どっちが罪なんですか?」

と瑠衣も開き直ります。

 

「答えられないね。あんたは部外者だから。当事者は私と旦那だけ。私たちは夫婦だから。愛人のあんたは部外者。それともあんたは私からカズくんを奪って奥さんにでもなるつもり?だったら言ってみなさいよ。”奥さんと離婚して私と結婚してください”って。カズくんはあなたを選ぶと思う?こういう自信家なところが嫌いって言ったよね?だったら言いたいこと言わせてもらう。

”頭のネジも股もゆるい嘘つきに、うちの旦那が本気になるわけないでしょう?あんたなんか一生相手にされないんだよ!愛人止まりのゲス女!”」

 

それは母親が父親の浮気相手に言ったセリフ。絶対同じような生き方はしたくないと思っていた、旦那に依存してすがって、あげく捨てられた惨めな母親。

 

 

秋山から呼び出し


一真との電話の後、秋山(町田啓太)から電話かかってきます。

「お前うちの店取材した雑誌、届けるって言ってたくせに、全然持ってこないじゃないか。今すぐ持ってこい」

 

爽が雑誌を持っていくと、「一杯付き合え」と居酒屋に付き合わされます。

秋山は、爽の会社の人から爽が早退したことを聞いて、この間自分が「お前は誰のことも信用しない。先回りしたガードして、すげえ疲れそう」と言ってしまったことが、爽を傷つけたのではないかと心配していたのです。

 

爽は「全然平気」と笑いますが、「お前は辛い時、いつもそうやって笑ってた。昔は、俺の前ではいつもビービー泣いてたけどな」と言います。

 

高校の時に、父親がいなくなって爽が取り乱した時も「俺だけ見てろ。好きなだけ泣いていいから」と言って抱きしめてくれました。

 

爽は瑠衣にひどい言葉を言ってしまったのを思い出し、一緒になりたくないと思っていた母親と一緒になってしまったと後悔し、泣き出してしまいます。

秋山「その方がお前らしいよ。辛いことがあったら泣いてる方がお前らしい。俺にとっては」

 

 

ひとしきり泣いた後、秋山はハンカチを差し出してくれました。秋山に肯定してもらえたことで、爽は一真と向き合う勇気を持てました。

 

瑠衣が一真に別れを切り出す


瑠衣は一真に「終わりにしたい」と別れを告げます。

瑠衣「自分のことを大事にしたい」

一真「俺は瑠衣のこと大事だよ?」

瑠衣「大事な人って、普通1人じゃないの?」

これには一真は何も答えられません。

 

しかし「最後にもう一度だけして。忘れられないやつにして。私の方が好き。それだけは覚えておいて」と迫ります。そして一真は激しく瑠衣を抱き…。

 

爽と一真が修羅場


家に帰り、爽は一真に「浮気してるよね?」と迫ります。正直に謝ってくれたら、許すつもりでした。一方的に責め立てるのは嫌だったから。「お願い、正直に認めて」と爽は心の中で祈ります。

しかし一真は「今日、どうかしてるよ?証拠もないのに」と余裕を見せて笑います。

 

これには爽はブチギレます。

「証拠はこの目だよ!二人がキスしてるの見たこの目だよ!

あの子だってカズくんを裏切ってたんだよ?カズくんの写真を見せたことがあるから、私の旦那だって知ってて近づいたんだよ!?」

 

「なんで俺なの?」と聞いた時に、瑠衣が「欲しかったから。初めて会った時から」と瑠衣が答えたことを一真は思い出します。自分は運命的な出会いだったと思っていたのに、あの瞬間から瑠衣は自分のことを”爽の旦那”として見ていたのです。

傷ついた表情の一真に「私にバレたことと、あの子に裏切られてたこと、どっちに傷ついてんの?!どっちに傷ついてんだよ!?」とさらに爽の怒りは膨らみます。

 

すると一真は「さーちゃんの顔見てるのがしんどい時があって…」と話をすり替えようとします。

「また私のせい?私が子供欲しがってるの知ってて、気づかないふりしてたよね?だからずっと我慢してたのに、勇気出して打ち明けたら拒否ったよね?それで気が滅入るから外で遊んでた!?なんで気づかせたの?バレたくないなら、墓場まで持ってくつもりでやりなさいよ!」

 

クッションを叩きつけながら怒り狂う爽に一真はドン引き。その姿は爽が1番嫌っていた母親と全く同じでした。

 

一真の秘密


瑠衣が誰かに電話をしています。

「そっちは順調?そろそろ本気出そうと思って。このタイミングでばれたのは予想外だけど、問題ないでしょ。?そんなんであきらめられるわけないでしょう?」

 

瑠衣は爽に会いに行きます。

「いいことを教えてあげましょうか?あの人、子供いますよ?」

 

 

実は若菜は爽と一真の結婚式の時に、優希(大西礼芳)からこの一真の秘密を聞かされ知っていました。しかし「親友なら黙っててあげればいいんじゃないですか?そうすれば誰も傷つかないんだから」と言われ、そのことをずっと秘密にしていたのですが、今になってそれを後悔するのでした。

 

ドラマ【ギルティ】3話の感想

 

引っ張ったセリフの割に…


冒頭から戸田菜穂さんの狂った演技。愛人に言い放ったセリフを意味深に口パクにして聞こえないようにして引っ張る。

母親と同じようにはなりたくなかったと言いながら、感情が爆発して、瑠衣に同じセリフを言ってしまった爽。ここもセリフを聞こえないようにして引っ張る。

 

で、最終的に言ったセリフが「愛人止まりのゲス女!」

意外と普通~…。

しかも意外にセリフ長かった。からか、全然パンチ力なかったです(^^;

 

それよりも最後に「子供いますよ?」で一撃でやられた…( ゚Д゚)!

 

しかし、爽と瑠衣の直接対決、爽と一真の修羅場と、3話にしてかなり修羅場続きでしたね~!今まで穏やかで可愛かった爽が、「~なんだよ!」とヤンキー口調に変貌していて「お~別人っぷり出てるなぁ」と感心。結局は大嫌いなお母さんと同じ血が流れているってことをわかりやすく表現しているんですよね。

 

でも、もし旦那と別れたくないなら、あのキレ方はダメなんだろうなぁ。カズくん、ドン引きしていたもんな。さめざめ泣いたら旦那帰ってくるかもだけど、あんな怖い奥さんに豹変したらもっと浮気相手のところに行ってしまいそう。それでなくても浮気って”癒し”を求めてするものなのに。女からしたら発狂しちゃう爽の気持ちすごくわかるけど、ここは男性視聴者の意見も聞きたいところです。

瑠衣は誰かとグル?


瑠衣は誰と電話をしていたのでしょう?一真が爽の旦那だと知っていて近づいたり、爽のことを「そういう女大嫌い」と言ったり、爽に恨みがあって爽を傷つけるために旦那に手を出したことは確実ですね。

「チートン」で出会ったのもきっと偶然ではないのでしょうね。最初から爽のことを知っていて、爽の行きつけの店に通って接点を持ったのでしょう。

 

今のところ、瑠衣とグルになるような登場人物っているかな?筧美和子さんは純粋に爽のことを親友だと思っているようだったし、優希は爽のこと嫌いそうだけどもうどっか行っちゃってるし、神尾楓珠くん!?でも彼は、普通に爽に好意を持っていそう。神尾楓珠くん狙いの職場の後輩は爽に嫉妬していたから動機としてはアリだけど、女優としては無名なので「私が共犯でした…!」と出てきた時「誰!?」と視聴者が置いてけぼりになりそう。

 

ま、まさか秋山の妻が共犯…!?だとしたらびっくりするし、妻が悪い奴だったら、秋山と爽の不倫を視聴者が心おきなく応援できる要素になりますね!個人的には秋山の妻共犯説に期待!

 

あ、でも公式サイトのビジュアルに「登場人物、全員裏切り者」ってキャッチコピーで、

新川優愛、小池徹平、中村ゆりか、町田啓太、神尾楓珠の5人が映ってる。この並びに神尾楓珠くんがいるってことは、ほぼ彼が共犯で決まりって感じですね?